ARTICLE

【4月7日より発売】“1杯のほうじ茶をSwitch”して「2つの側面」から楽しむ新商品、「TOKOWAKA Switch tea」

「produce&management⇒activity」を合言葉に活動し、 魅力的なコンテンツをプロデュース&マネジメントし、継続した文化を形成することを目標と した有限会社エヌアール(本社:三重県伊勢市宮川1-4-8、代表:岡山 裕成)はこの度、人の想いに寄り添うサービスプロデュース業を展開する株式会社Yuinchuのサポートのもと三重県伊勢市に伝わる「繰り返し再生することで、常に若々しく存在する」文化、“常若(とこわか)”をモチーフとした「RENEW AGING(リニューエイジング)」をコンセプトに掲げた新ブランド、「TOKOWAKA(とこわか)」を3月1日より展開しております。
それに合わせ、“1杯のほうじ茶をSwitch”して「2つの側面」から楽しむ新商品、「TOKOWAKA Switch tea」を4月7日より発売いたしました。

WEB : https://nipponrising.com/tokowaka/

TOKOWAKA :ブランド概要

伊勢の伝統文化である“常若(とこわか)”。

この文化には「繰り返し再生することで、常に若々しく」という概念から生まれる、新しい価値観というセンセーショナルな一面があります。熟成された時間や価値をあえて変転しリスタートすることで、その時代に合った価値となる。この変動性や多様性の生み出し方は、ショッキングに見える反面、現代においては改めて見知るべき考え方であり、伝え方をアレンジすることで、文化継承を続けたいと考えました。

そこで、古きを捨てることで新しくを生み出す常若の「繰り返す再生」の概念のもと、発信するブランドを作りプロダクトを開発し、展開することにしました。

TOKOWAKAは「常に新しい今が最高」という“RENEW AGING”(リニューエイジング)をコンセプトとしたブランドです。
概念を変転し、時代を再構築する。コンテンツの持つ、魅力の新たな一面を引き出すために、出来そうで出来ないことを進んでする。
繰り返す再生のなか、新しい価値を見出し、構築する。
そんな新しいブランドです。

TOKOWAKA Switch tea が出来るまで

常若の「繰り返し再生することで、常に若々しく」の概念のもと、「リニューエイジング」というコンセプトのプロダクトを発信するブランドを作り、展開する
TOKOWAKAから第一弾プロダクトとして発信すべく、選んだのは「お茶」です。

日本人が古くから生活の中で慣れ親しみ、海外へ誇れるコンテンツをリニューエイジングしてみたい。
そんな想いから、伊勢を地元として伊勢茶を作り、伊勢志摩サミットでも各国要人にお茶を振舞うなど文化への馴染みと実績の多い、中森製茶にご賛同頂き伊勢のほうじ茶と、伊勢神宮内宮内に居を構える岩戸屋で人気の、生姜糖を使った新しいお茶の飲み方を提案する「TOKOWAKA Switch tea」が完成しました。

日本における「お茶が甘い=異質」という価値観を変転し、お茶の楽しみ方の幅を広げ、選択肢を作ることが “繰り返す再生”、“リニューエイジング”の考え方における新しい価値観の醸成へと繋がるかもしれない。
そんな挑戦がTOKOWAKA Switch teaの在り方です。

香り高いほうじ茶をまずはそのままストレートに。
本来の良さを感じた後に、ほうじ茶に生姜糖で甘味を加えます。
一杯のお茶を2つの側面からSwitchして感じる。 それが商品名の由来です。

TOKOWAKA Switch tea 商品概要

販売価格:¥1,500-(税込)

仕様:茶葉(40g+生姜糖10個)

内容量:茶葉【40g(20g×2個)+生姜糖×10】

販売先一覧

店舗

the AIRSTREAM GARDEN (https://airstream-garden.com/

ECサイト

Mo:take STORE (https://store.motake.jp)

 

 

本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先

株式会社Yuinchu   担当:坂本

TEL:03-6408-9085   Email:info@yuinchu.com

 

Share On